他車運転特約の見直しによる自動車保険の節約

自動車保険では、本来の契約内容のほかに、特約とよばれるオプションの契約をつけることによって、その保険で補償の及ぶ範囲を追加したり、逆に狭めたりすることができるようになっています。

 

このため、必要のない特約をはずしたり、特約で補償を限定することで、毎年の保険料を節約することが可能です。

 

自動車保険の特約のひとつに、他車運転特約、または他車運転危険担保特約とよばれるものがあります。

 

この他車運転特約とは、本来であれば契約している車を運転中に本人や家族が起こした事故で被害を負った場合についてのみ保険金が支払われるところを、契約している車以外の車を運転している最中に起きた事故についても、保険金の支払い対象に含めようとするものです。

 

たとえば、加入者本人が友人の車を借りてドライブに出かけているときに事故を起こしたとすれば、通常であればその友人が加入している保険のほうから保険金を出すのが筋ですが、そうではなくて、本人の保険のほうに保険金を請求できるようにするのが、この特約のメリットとなります。

 

この特約は、通常の自動車保険では申し込みとともに勝手に付いてくるものですが、他車を運転することが想定されない場合には、この特約を外すことによって、保険料の節約につながることがあります。

 

単純な話なのですが、不必要な内容が含まれていたら外してしまえばその分、軽自動車の保険料も節約が可能となるんですね。

 

担当者がいる保険会社で軽自動車保険を契約されている場合は担当者に連絡すれば、翌年の更新時から無駄な特約を外す事が出来ますし、ダイレクト型の軽自動車保険でも、オペレーターが対応してくれる電話番号があるので、携帯に登録しておくと『何かがあった時に重宝』ですね。

 

車を普段から使っていて、万が一というと『事故を起こしてしまった、または巻き込まれた時』のことを思い起こしてしまうかも知れませんが、そんな時ももちろんですけど、それ以外の『車の故障でロードサービスを使いたいけどJAFに会員登録すると高いから・・・』なんていう時でも、親切に対応してくれるので便利なんですよ。

 

というのも大手の保険会社は日本全国の『その地域の自動車修理指定工場とも提携』しているので、自走が出来ない状態の車でも、自走が出来ない事を伝えれば、ちゃんとローダーで迎えに来てくれるんです。
ご存じの方もいらっしゃるかも知れませんけど、良くある例としては、ショッピングモールで買い物をしていて、車のカギを紛失してしまった場合や、『キー閉じ込みロック』をしてしまった場合などでも対応してくれます。

 

そんな便利サービスでも、少しでも安く出来れば、月単位で1,000円変われば、年間では¥12,000の節約になりますし、そのうち半分を貯蓄に上乗せして、残り半分は、自分のために使うなんて言う事も可能ですよね。

 

とにかく、少しでも賢い方法で、セカンドカーの軽自動車の保険料も節約出来れば、その分『週末に作るカレーの具材のお肉が良いものに出来る』というプチ贅沢も出来るようになります。

 

自分自身が他の人の車を運転する機会がないのであれば、他車運転特約は必要ありませんから、補償内容の中から削除しましょう。