自動車保険の節約は車両保険の見直しも

自動車保険の保険料を節約は家計に与える影響も非常に大きいものです。

 

仮に今、加入している自動車保険の保険料の毎月の支払額が¥1,000抑えられると、一年間で¥12,000違うわけですから、家族で一緒に食事に行って美味しいものを食べる機会が増やせます。

 

小さな事かも知れませんが、今のままの自動車保険料を支払い続けていくのと、節約した保険料を払い続けていくのでは、将来的に考えると大きな違いになります。

 

自動車保険の保険料の中でも割と大きな部分を占めているものに車両保険があります。

 

車両保険には、当て逃げや自損単独事故などを含めてほとんどのケースに対応している一般型と、限定的な事故にしか対応しない限定型があります。

 

通常の自動車保険契約の段階で勧められるのは一般型なので、両方を選択できる保険会社を使っておられるならば、限定型に切り替える事でも自動車保険の保険料の節約が出来ます。

 

例えば、一家でお父さんが2台の車を所有されているご家庭で、初心者のお子さんが運転される方の車の車両保険は一般型、お父さんが運転される方の車には限定型など言う形にする事も出来るでしょう。

 

また、車の所有年数が長くなると相対的な車の価値が下がる事になるので、思い切って車両保険自体を外してしまうという事も保険料節約に必要な場合も出てくるでしょう。

 

この場合には、万が一事故が発生した場合には車両補償は受けられない事になりますが、事故に遭ったら思い切って廃車処分にして新しい車を購入するという考えの方も出来ます。

 

また、数万円までなら車の修理も自己負担できるという場合には、車両保険の免責金額の設定を変更する事でも、最大で1万円ほどの自動車保険料の節約につなげる事も出来ます。

 

自動車保険にはほぼセットで付いてくる車両保険も完全に切ってしまうだけではなく、細部の条項を理解しておくと上手に保険料を節約すると損をせずに済みます。

 

一般的に自動車保険の車両保険は、放置しておくと何年も新車時の保険料が掛かり続けていく事になります。

 

車の価値を相対的に判断して、車両保険を上手に利用していきたいですね。

 

もし、無駄に払い続けている保険料の項目があるとしたら、それを払い続けているのと、いないのとでは大きな違いになってしまいます。

 

年間1万円でも節約出来れば、5年経った時点で、次の新しい車を購入するための頭金に出来てしまいます。

 

ちなみに現在の日本では、平均すると約3〜6年で新しい車に買い替える方がほとんどです。

 

車両保険を節約を考えていくだけで、次の新しい車の税金と頭金くらいなら出てしまうほど大きな違いと判ったら損を防ぐ事が出来ますね。