自動車保険の節約を走行距離で実現?

自動車保険の節約を走行距離で実現?

自動車保険の保険料を節約するには、自家用車の走行距離も的確に管理して短くすることが効果的です。

 

当然ではありますが走る距離が短ければ短いほど事故が起こる確率は下がるからです。

 

とは言っても趣味がドライブという方もいらっしゃいますよね。

 

いくら走行距離によって保険料が上がってしまうからと言って趣味を我慢してしまうのは寂しいですよね。

 

なので、普段の通勤やプライベートでの買い物などの時の走行距離をできる限り少なく抑えるようにすると良いでしょう。

 

具体的には、用事で出かけるときは最も効率の良い順番やルートなどを事前に組み立ておくことです。

 

また、荷物が大変なほどでなければ、“近場の用事ではできるだけ車を使わない”というのも良い方法化も知れませんね。

 

歩けば運動にもなりますし、天気のにもよりますが自転車でサイクリング代わりの気分転換に用事足しも良いでしょう。

 

また、この方法にはちょっとしたメリットもあります。

 

それは、近所のルートで車で通るところの路面状況、
また、歩行者の飛び出す可能性がある『小さい子供がいる住宅がある』などの
事前の注意を促す状況把握は歩いたり、自転車の方が行いやすいという点です。

 

時間に余裕を持った行動を心がける事は、近所の用足しに車を使ったとしても運転に対する注意力も上がるので、事故防止にもなります。自分がそういう運転をしていれば、周囲の車で危ない動きをしているから距離を置こう。などというような判断も的確になり自分加害者になる事故の確率はもちろん、事故に巻き込まれる確率すら低くなります。

 

それが実践できる優良ドライバーならば、仮に走行距離が長くなったとしても自動車保険の保険料は安くなりますし、家計の節約にもなります。

 

単純に走行距離を減らすだけが自動車保険の節約に寄与するものとは限らないという事でもあります。

 

自分の車の運転技術や注意力、経歴には問題がないという状態を作っておけば、保険会社を「万が一のための安心を買うサービス」として捉えることが出来ます。つまり、「使う保険」ではなく「一応用意はしてある保険」になるんですね。

 

この差は大きな違いになります。5年・10年と運転歴が長くなればなるほど自分に対する周囲からの評価にもつながります。

 

自動車保険の節約は単純に走行距離の違いによっても可能ですが、普段からの注意深い運転によっても可能なんです。