自動車保険の節約は年齢が高い方が有利って本当?

自動車保険の保険料の節約を考えるときに、ひとつの基準になるのが被保険者の年齢です。基本的に加入者が年配の方であればあるほど、保険料は安くなっていく仕組みになっています。

 

その他には、事故歴や違反歴などによる免許証の色も保険料の高低を決める判断材料となります。

 

そういった意味では、年齢よりも事故を起こさないように安全運転を心がけるのがいちばんの自動車保険の節約になるのですが、こればかりは天下の公道を使用する以上、自分が注意するだけではいかんともし難い部分もありますし、何より時間が掛かります。

 

そうなると保険料の節約に有利な条件で残されたものは“年齢”になるのですが、年齢詐称は出来ませんし、歳を自由に取る事は出来ませんが、例えばあなたが、20代前半で実家でマイカーをお父さんとシェアしていたら、家族限定の条件で契約してもらう事と、保険料の一部を負担すると申し出れば、お父さんも自動車保険の保険料節約につながりますし、喜んで受けてもらえるのではないでしょうか。

 

ただし、これには同居家族であることが条件になるので、これは守る必要があります。

 

もしくは、お父さんの車と別々に車を所有していたとしても、自分所有の車もお父さんの名義で被保険者をまとめてしまって、あなたは家族限定の枠内に入るようにすれば、あなた自身も保険料の全額を負担する事はなく、一部の負担のみで済ませる事が出来て、尚且つお父さんとお母さんの自動車保険の節約に一役買うことになるかも知れません。

 

様々なパターンを考えて自動車保険の年齢による、保険料の高さを回避するか、もしくは一元化して節約を実現すれば、家計に余裕が出来る事は間違いありません。

 

自動車保険の保険料の節約には、様々な方法があるので、詳しくは保険料を一括で見積りできるWEB上のサービスなどを活用して、知識を蓄えながら賢く利用することをおすすめします。