2台目の車を買ったら自動車保険の節約は?

2台目の自家用車を購入するという場合に自動車保険の節約はどのようにすれば紹介します。

 

例えば典型的な例ですが、お父さんの転勤などで、地方に転居することになり、
生活のために2台目の車に軽自動車を購入したなんていう場合など、
自家用車を増やさなければならない場合がありますよね。

 

そんな場合でも、その自動車を主に運転する人の名義で新たに保険を加入すると結構な額の
自動車保険の保険料を取られることになってしまいます。

 

新規で自動車保険に加入する場合はノンフリート等級と言って、必ず6等級から始まります。

 

この等級システムとは、過去の事故歴や保険使用請求の件数などから判断され割引額が決定されるシステムだからです。

 

すると新規で任意保険に加入した場合は、そこからのスタートになるので、
等級が上がるまでは高い保険料を払わされることになってしまいます。

 

そこでセカンドカーを購入した場合は、そのために新規に任意保険に加入するのではなく、
1台目の車で加入している保険に一定の条件を満たすことで受けられるセカンドカー割引で自動車保険の保険料が節約出来ます。

 

このセカンドカー割引が受けられる条件に付いて一緒に見てみましょう。

セカンドカー割引が受けられる条件とは

先ほど、軽く触れたとおり、セカンドカー割引を受けるには、一定の条件を

 

1台目の車の保険等級が11等級以上である事や、配偶者や同居の家族である事、
セカンドカーがリースではない事など(リースの場合は車検証に記載されている名前が同居家族ではなくディーラーなどになるため、割引の対象にならない。)の条件をクリアする必要があります。

 

このセカンドカー割引が適用されるとノンフリート等級が7等級からのカウントになるので、その分だけ自動車保険の節約につながります。

 

また、こうした2台目の車の購入に関する節約テクニックは保険会社によっても、条件が違ってきます。
なので他社の保険よりも条件が不利な場合は、更新のタイミングで乗り換えも視野に入れて考える必要がある場合もあります。

自動車保険の一括見積サービスで割引は比較できる?

現在の日本の損保各社は、こういった割引もタイミングに合わせて随時一斉見積もりサービスに更新して行くシステムになっていますので、
常に最新情報(その時点での)を入手して少しでも得になる保険会社への乗り換えなどを丁寧に検討しましょう。

 

ここまでの話で分かっていただけかも知れませんが、その時点で行われている割引やキャンペーンも比較することができますので、
セカンドカー割引と併せて比較検討の材料になると思います。