自動車保険は高い。レンタカーだとどのくらい節約できる?

自動車保険の支払いが高いと感じていませんか?自家用車をもっていて普段から使っているなら、自動車保険は絶対に加入しておきたいものです。

 

しかし、もし自家用車をもっていても普段からの使用頻度がそれほど高くないなら、節約のためにマイカーを手放して維持費から保険料からすべてをまったく考えなくても良い状態にするという方もいらっしゃいます。

 

確かにマイカーを持つと、自動車保険の保険料だけではなく様々な費用が掛かります。年に一度の自動車税もそうですし、日々使うためにガソリン代や定期的に交換するオイル、タイヤなども含めると意外と財布から飛んでいくお金の額は多くなります。

 

仮に、150万円ほどの車両価格の小型車を5年間所有したとします。36回のローンで車両価格を支払って、毎月の車の2万3〜5千円。2年に一回の車検代が、2回分で20万円ほど。毎月に換算すると3千円〜4千円弱。そこに駐車場代1万円と仮定してガソリン代がプラスされて、保険料も入れると6万円弱になります。

 

ところが、これがレンタカーだとどうなるか...月に7日間借りると仮定すると、利用料金が3万5千円。保険が8千円。ガソリン代が借りるたびに千円〜2千円とすると...合計で5万円でマイカーを維持するのとほとんどコストが変わりません。

 

レンタカーの場合は、借りていない時はお金は掛かりませんが、緊急時に困ってしまいます。

 

マイカーなら例えば緊急時(例えば家族の誰かが急病だったりです。)にどうしても使いたい時もすぐに使う事が出来ます。
同程度のコストで、便利なほうと不便なほうでどちらを選ぶかは考えるまでもありませんね。

 

そうなると、毎月わずか千円や2千円の差で、不便を取るのは得策ではありません。

 

もちろん、車を運転する人物がいなくなったなど、車を使わない事情が発生した場合は、この限りではありませんが...