自動車保険料は年払いにするだけでも節約可能ってホント?

車を運転する多くの人が加入している自動車保険ですが、
保険料の高さに頭を抱える人も多くいるでしょう。

 

いざという時には非常に役に立つ自動車保険ですが、
事故を起こさない限りは必要のないものですから、保険料はできるだけ安く抑えておきたいものです。

 

自動車保険料を少しでも節約する方法はいくつかあります。

 

運転者を家族だけに限定する方法や、一定の年齢以上の人のみが運転するという
年齢条件を設定するなどが代表的な例です。

 

しかしこのような制限をつけることが困難な状況にある人もたくさんいます。

 

そのような人の場合は保険料の支払い方法を見直してみるというのもひとつの方法です。

 

自動車保険の保険料は毎月分割して支払う月払いと、
一括払いである年払いの二つの支払い方法があります。

 

じつはこの二つの支払い方法では支払う保険料の総額が異なります。
年払いを選択した場合のほうが、自動車保険料は安くなるのです。

 

保険料を年払いにすれば月払いの保険料の総額よりも5%程度安くなりますので、
十分な節約効果を期待することができます。

 

自動車保険料は、車に乗る限り支払い続けなければいけないものですので、
長い目で見れば非常に大きな差が生まれるのは間違いありません。

 

車の免許を取得する年齢から以降は、長く乗り続けるのが車ですし、普段の生活でも重宝するものです。

 

先ほど、保険料の5%程度は安くなるというお話をしましたが、年間で10万円払っているとして、その5%と仮定すると、黙っていても5,000円は不必要なものに対して消えて行っているわけです。

 

自動車保険に限らず、生命保険やがん保険などでも同じですが、年齢や周囲の条件と共に、保険もスタイルを変えるのが当然です。

 

自分の生活スタイルや状況に合わせた、上手な節約術として、自動車保険の見直しも大切な事なんですね。