節約できる軽自動車保険が見つかっても切り替えは満期まで待つ?

自動車保険は契約期間中、万が一自動車で事故を起こしてしまった場合に保障をしてくれるものです。

 

これが無いというようなことになると、
自動車に乗る際に契約が義務となっている「自賠責保険」のみで対応をしなくてはならないということになるのですが、
実際には自賠責保険のみで事故後の生活の立て直しは困難です。

 

近年では「通販型」と呼ばれるような格安の自動車保険も出てきていますから、節約の為に契約を変更したいというような人が多く出てきました

 

この自動車保険の節約というところで考えたいのが「契約変更は満期まで待つべきなのかどうか」というところです。

 

これはそれぞれの自動車保険によって変わってくるのですが、
もし本当に「より良い自動車保険」が見つかったのであれば、満期まで待たずに変更するということも十分選択肢にして良いと言っていいでしょう。

 

それはどうしてかというと、一般的に自動車保険は「満期前に解約すると払戻金が出る」からです。

 

もちろん全額が返ってくるということは無く、契約期間が経過しているのであれば経過した相当分は保険料として徴収されますし、
契約時に支払ったお金が残っていても、解約手数料として支払いが求められることがあります。

 

ですがもし良い保険があれば、たとえ解約手数料を支払っても最終的にプラスになることが多いのです。
もし「変更したい」と言う場合は、これから申し込む保険会社に相談をしてみましょう。

 

特にセカンドカーで使用条件がある程度決まってしまっている、軽自動車の保険料は出来る限り安く抑えたいところです。

 

もちろん満期が近いならば、待ってから契約変更を行った方が良いことは間違いありませんが、契約更新から日数が浅い場合は充分に得な場合があるので相談してみる価値はあるでしょう。

 

一括比較サービスなどでも情報入力で保険料の節約が出来る保険会社は提案してくれます。

 

しかしながら、そういったサービスよりもじっくり相談できる『保険の窓口』などで相談する方が良いかも知れませんね。

 

軽自動車の保険でも、普通車なみの保険料を請求されているなら、是非相談してみて下さいね。