自動車保険の組み立てで節約するにはどうすれば良い?

今回のお話はわたしの友達が自動車保険について意外なほど知識がなく損をしていたかもというところからお話します。

 

自動車保険にみなさんはどんな保証が付いているのか知っていますか?
わたしは車に関して素人なので旦那にまかせっきりでしたからまったく知りませんでした。

 

と言うか、知ろうとしていなかった。というのが正解です。

 

でも来年の子供の中学入学をきっかけに友達のすすめで自動車保険の見直しをするために調べてみる事になったんです。

 

自動車保険の更新時期になると毎年考えるのが、あの特約を解除したら保険料をいくら安く出来るのかな...です。

 

自動車保険に対してあなたが求めてないスペックは切ってしまえばって言う話なんですけどね。

 

ただし人身障害は最高額を設定しておく事をおすすめなのだそうです。

 

理由は人身傷害特約という補償は、万が一の事故の時に事故の相手ではなくて例えば助手席に乗ってる子供だとか

 

後ろに乗ってた友達だとか、自分の側にケガやその影響による後遺症などが残った場合でも医療費などを負担してくれるんですよ。

 

ちなみに、最近ではいちばん最初の加入の時に、保険料が安くなると言う理由で、人身生涯特約を上限3,000万円にする保険の外交員さんが多いとの事。

 

もし、自分が運転していて事故に遭って助手席に乗せていた子供が大怪我を負って後遺症が残るケースになってしまった。
などの場合でもしっかり手厚く補償してくれる人身傷害特約は無制限が安心です。

 

なぜなら、限度額を決めた人身傷害特約は、一生涯の後遺症が残るケガの補償には役不足といわざるを得ないからです。

 

その代わりに車両保険などは、ある一定金額以下の修理は免責条項にするなどの組み立て設定で自動車保険の保険料を節約しながら大切な家族を守る事が出来るんです。