軽自動車に買い換えると自動車保険の保険料は節約出来る?

景気回復が毎日のように情報番組やニュースで言われていますが、わたし達一般の末端までは、実感できるほどの効果はないのが実際のところです。

 

その上、確実に再来年の4月には消費税も10%に増税されます。しかもこれから先少子高齢化はますます加速して行く流れにあるので、少しでも家計を節約して将来のために貯金したいと考えるのは当然です。

 

最近では、そんな将来への不安もあって自動車保険の節約のために自家用車を軽自動車に買い換えて燃料費も含めて大幅な経費削減を実践する方が増えています。

 

では、軽自動車に買い換えるとなぜ大幅な経費削減が出来るのでしょう。
自動車税の大幅な減額は大きな要素ですよね。さらに車検代も普通車に比べればかなり安く抑える事が出来ます。

 

それに走る距離や使い方が変わらなければ、燃料費も大きく削減できます。

 

ですが、意外と大きいのが自動車保険の保険料です。自動車保険の仕組みからお話すると、車の大きさが小さくなればなるほどエンジンも小さくなるので速度も出にくくなります。

 

その分だけ、重大な事故が発生する確率が低くなるという判断になります。
さらに年式が新しい軽自動車ならば、ABS(アンチロックブレーキ)やエアバッグ、衝撃吸収ボディなどの構造的な面での安全性が高く評価されている車ならば、さらに保険料は安くなる傾向にあります。

 

仮に自家用車を軽自動車に買い替えた場合に、どのくらい自動車保険の保険料節約が出来るのかを試してみる事が出来るサービスもあります。
国内の有名損保各社の任意保険の料金が一括比較が出来るサービスがありますので、そちらで高年式の軽自動車を使っている体にして情報入力を行い算出する方法です。

 

実際にいくらくらいの節約が出来るのかを具体的につかめる事が出来れば、節約プランのイメージもしやすくなるのではないでしょうか。