手数料が安いダイレクト保険も軽自動車保険節約のカギ

セカンドカーなどの軽自動車保険に対する有効な節約対策は、オーナーの条件によって異なります。

 

もし現在整備工場やディーラー、代理店などで代理店型の自動車保険に加入している場合、ダイレクト型自動車保険に乗り換えることで数万円分、保険料を節約できるかも知れません。

 

整備工場やディーラー、代理店などで加入する代理店型の自動車保険は、とにかく諸々の手数料がかかります。

 

担当者の人件費がコストになる分は、保険料に反映されてしまうのは仕方のないところではあります。

 

その点、電話やインターネットで保険会社とダイレクトに契約するダイレクト型自動車保険は、人件費や代理店の運営に欠かせない諸々の経費、手数料があまりかからない分、保険料を安く抑えることができます。

 

実際、代理店型からダイレクト型自動車保険にただ乗り換えるだけで、何万円かの節約に成功しているケースは珍しくありません。

 

ただし、ダイレクト型自動車保険にもネックがあります。

 

保険料はリーズナブルなものの、保証内容を決める時に代理店型のように担当者のきめ細やかなアドバイスが受けられませんし、契約手続きや契約前の情報収集なども、すべて自分自身で行わなければなりません。

 

慣れるまで代理店型、ある程度知識がついてきたらダイレクト型に切り替えるパターンも悪くありません。

 

多少高くてもプロに相談できると言う理由で代理店型を選ぶ人もいます。

 

担当者を完全に信用しきるのは危険と考える人もいるので、こちらに関しては何とも言い切れない部分もあります。