自賠責と任意保険の違いと役割り

自賠責保険と任意保険。車に乗り始める時に必要な保険にはこの2種類があるのは皆さんご存知の通りです。
これも常識ではありますけど、自賠責保険はまたの名を強制保険と言って車の運転には必ず必要と義務付けられています。
万が一の事を考えなくても必要な自賠責と万が一の事を考えたら絶対に入っておきたい任意保険。

 

このの違いと役割りはほとんどの方がご存知ですよね。ですが自賠責保険って使った事はありますか?
実は自賠責は事故が発生した時に自動的に使われているんです。
そして、こちらは常識ですが、損害が事故の相手の体に及んだ場合にのみ使われるのが自賠責保険です。

 

ちなみに自賠責と任意保険で、違う保険会社に入っていたとしても、別々に連絡する必要はありません。

 

自賠責保険の被害者に対する賠償金は、あなたが入っている任意保険の保険会社が支払ってくれる事になっているからです。

 

そして自賠責保険の限度額は相手の死亡に対して3000万円まで、後遺症が残る場合のケガに対して4000万円と決まっています。
そのどちらににも該当しない軽症の場合には120万円までとなっています。

 

軽症の場合は例外もありますが、死亡にしても後遺症が残るケガの場合にしても3000万円や4000万円ではまったく額が不足という事になります。
その分に関して支払われるのが任意保険から支払われる事になります。

 

つまり不幸にして事故が発生した場合には、ほとんどのケースにおいて自賠責の負担額では不足してしまう事から任意とは言っても絶対に入っておきたいのが任意保険という事になります。

 

あまり考えたい事ではありませんが、もしあなたが歩道を歩いている歩行者をはねて死なせてしまった場合、最近の平均では3億円を超える事が多くなっています。

 

被害者の年齢や職業によっても変わってくるのですが、もし被害者が子供の場合ならば、これから将来で社会貢献するかも知れない人材を死なせてしまったという事で4億円近い賠償責任が生じる判決が出る事もあるんです。

 

なので、任意保険の対人賠償は無制限で加入する事が大切と言われるんです。

 

軽微な事故でも任意保険を使うべき理由

先ほど、あなたが加害者で相手を死なせてしまった場合という最悪のケースでお話をしましたが、歩行者に軽微なケガを負わせる事故を起こしてしまった場合も考える必要がありますね。

 

軽微なケガの場合は、自賠責保険の賠償額の範囲で、充分に収まってしまう場合がありますが、そういった賠償額が決定するのは相手との示談が成立してからになります。

 

翌年の自動車保険の保険料が高くなってしまわないように、『絶対に自賠責の範囲内で済ませて!対人賠償を使わないで!』などという事は言わないでください。

 

というのは、任意保険の保険会社が対人賠償を使う可能性のある事故事案として、相手と示談交渉をしてくれるので、スムーズに示談がまとまって賠償金が可能な限り安く抑えられる事になるのですが、自賠責保険は代理交渉の権利がないので、対人賠償を使わないという事になると示談交渉を代理で行う事が出来なくなってしまうからです。

 

これは弁護士法に抵触してしまう事なので、たとえ長年の付き合いで懇意にしている保険会社の担当者でも出来ない事なんです。

 

示談交渉がまとまって、自賠責の賠償額の範囲で済む事になれば、賠償金相当額が被保険者に任意保険の保険会社が建て替えで支払われる事になります。

 

保険会社は、その後で自賠責に相当額を請求する事になるので、あなたに請求が回ってくる事は有りません。

 

ですので、もし歩行者相手で軽微なケガを負わせるくらいの事故だったとしても、示談交渉のためにも任意保険の保険会社に連絡して安心して任せるようにしてくださいね。