自動車保険の節約と車の維持費削減はどうすれば出来るの?

自動車保険 節約 維持費

今の世の中、自動車を使う私たちにとっては、出来る限り「維持費削減」をすることが大切ですが、
それを効率よく行う方法の1つとして自動車保険の見直しというのも1つの方法なんです。

 

自動車保険を乗り換えるのではなく、今の保険会社の契約のままでも、不必要に手厚くなっている補償契約条項をカットする事で維持費の節約ができるかも知れません。

 

例えばよくあるケースなのですが、自宅で車が二台ある場合に
旦那さんが普段からメインで仕事も普段の用事も含めて使っている車と奥さんが乗っている車があるケースがこれにあたります。
こういった場合に旦那さんの車の自動車保険が旦那さんの運転する時だけ何かがあったときの補償が受けられるという形になっていないケースがあるんです。

 

自動車保険には、補償内容に該当する人数が多ければ多いほど保険料が高くなってしまう性質があります。

 

その自動車を持っている人は家族全員で持っているという意識だったとしても、
実際にメインで運転している人が旦那さんなら、旦那さんが運転している時だけが『もし万が一のことがあったときに補償が受けられる』という契約に絞るべきです。
これだけで年間約5,000円程度は保険料が変わってきます。

 

これに加えて、さらにロードサービスなどの付帯契約条項を本当に必要なものだけに絞って割り当てるようにするだけでさらに3,000円〜5,000円の節約が可能になるんです。

 

最近よくテレビのCMでも『自動車保険の乗り換え』を目にする機会が多いかと思いますが、
自動車保険の保険料を節約するために保険外車を乗り換えるとなるとかなり面倒ですし、
代理店契約で知り合いから経由して保険を契約している場合、なかなかそうもいかないこともありますよね。

 

知り合いのツテやコネといったもので自動車保険を契約している場合、
なかなかその保険会社を節約のために契約を切るということもできないことがほとんどです。

 

そこで先ほどご紹介したような契約条項の見直しで無駄を削減するというのが「自動車の維持費削減」に役立ってくるんです。

 

自動車保険の節約はもちろん大切ですが、車のオーナーとして普段から使っているといろいろな事に留意する必要が出てきます。

 

当たり前の話かもしれませんが、車の維持費はガソリン代だけではなく、点検整備などで掛かる費用も含まれます。
小まめな通常点検の実践が維持費削減と、しいては自動車保険の節約にもつながるんです。

 

もしあなたが毎日の生活で重宝してる車が故障で使えなくなってしまえば、明日からは食料品の買出しさえ不自由することになりますし、マイカー通勤しか出来ないような職場に勤めている方なら、明日からの仕事にも困ってしまいます。

 

そんな時に役立つのが自動車保険のロードサービスですが、損保各社のロードサービスは細かい規定がいろいろとあります。
被保険者の自宅からの距離や、故障した場所から直近の整備工場に運ぶまでの距離も含まれます。

 

その規定の範囲内であれば無料でサービスを受けられることになります。その上で修理が必要な場合は保険金請求を行って修すると翌年からの保険料が値上がりしてしまいますが、実費で修理を受けた場合や、そもそも応急対応だけで充分なバッテリー上がりなどの場合は、その場で対応してくれて翌年からの保険料の値上がりもありません。

 

ですが、タイヤ空気圧のチェックを行うことや、バッテリー点検、一定距離でのオイル交換やブレーキランプの玉切れがないかなどの通常点検をしっかり行うことで、修理が必要になるようなトラブルじたいを防ぐことが出来ますし、事故の予防にもつながります。

 

大きなトラブルが発生してから対処するのでは、車の維持費も結果的に高騰してしまうので、車の維持費削減は遠のいてしまいます。当然、大きなトラブルになってしまってからでは、修理費の支払いも厳しくなるので、保険請求せざるを得なくなり、自動車保険の節約も出来なくなってしまいます。

 

車の維持費削減のためにも、自動車保険の節約のためにも、普段からの車の使い方に注意し、通常点検もしっかり行うのがいちばん賢い節約術と言えますね。