自動車保険の節約は補償内容の見直しで実現しましょう!

自動車保険 節約 補償内容

俗に言う任意の自動車保険は、98年の保険自由化によるリスク細分型のダイレクト保険の登場で各保険会社の競争が始まりました。
そして現在では本当に様々な補償内容を持った自動車保険がパッケージとして用意されています。

 

そのような自動車保険の補償内容を見直すことで節約を実現できる場合もあります。例えば同じ補償内容でもA社なら年間でいくらだけど、S社なら○千円安くなるといったようなケースがでてくる可能性もあるんです。

 

交通事故は誰もが起こしたくありませんし遭いたくもありませんが、万が一生じた事故で他人を死傷させてしまった場合の損害金や他人の所有物を壊してしまった場合の弁済金、運転者である自分自身が死傷してしまう場合、または同乗者が同じく死傷してしまう場合も考えられます。

 

さらに車自体が事故によって壊れてしまう事を補償する車両保険なども自動車保険の節約を実現するには見直しの対象になります。
車両保険はその典型的な例で、自分が乗っている車が新型の高級車などでなければ、相手の自動車保険で修理費がまかなえる場合もあります。

 

そういった場合は、自分自身が加入している自動車保険から車両保険を削除してしまうことで保険料の節約になりますし、または免責金額と言って壊れた場合でも、修理費が一定上の金額に達しなければ保険金が下りないように設定することでも保険料の内訳で車両に掛かる保険料を抑える事が出来ます。

 

また普段、自分の車を運転するのが家族だけならば、家族限定特約を付けることで、保険料を節約することも出来ます。

 

このように自動車保険の節約には、補償内容の見直しや同じ補償内容でも他社に乗り換えたりと言ったことも考慮に入れる必要があります。