自動車保険の保険料は無事故でも値上がりする?なぜ!

自分自身は一切事故を起こしていないのに保険料が上がってしまった…なんて言う経験ありませんか?
実はそんな経験をしている方が意外といてしかもそれに自分自身で気づいていないケースもあるんです。

 

その理由は所有されているお車の車種が事故率が高い車に該当した場合に
保険料率の均等値上げのような保険料の値上がりが起こることがあります。

 

ちなみにあなた自身昨年払った1年間で払った保険料の金額を覚えていらっしゃいますか?
分割で毎月引き落としされると言うことでしたら、簡単に計算もできるかもしれませんが
、1年が始まる契約の更新時に一括払いで払っている方は
意外と自分自身がその年1年間契約するために払う自動車保険の料金を忘れてしまっているという方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

少ないかもしれませんが、比較的お財布や家計に余裕があり生活が安定している方で、
実際に保険料に対してあまり無頓着というケースもたくさんあるんです。
でも、そうした場合でもできるだけ無駄な出費は抑えた方が良いと言うことに変わりはありませんよね。
本当に賢いユーザなりましょう!

 

たとえ自分自身が年収10,000,000稼いでようとも
20,000,000稼いでようとも関係なく、無駄な経費は削減しようとするはずです。

 

ですがそのためには当然ですが自分自身が昨年いくら払ったのか
そして今年いくら払わされることになるのかといったことを覚えておくことが大切です。
ですので、このような自分自身は無事故であるにもかかわらず
保険料が上がってしまうかもしれないという可能性があるということを認識した上で、
まずは昨年自分自身が支払いをした自動車保険の保険料を計算してみてください。

 

そして今年の更新時期が近づいていると言うのならば、
事前に保険会社に問い合わせてみるというのも1つの手でしょう。
基本的に自動車保険は、ユーザである私たちが契約を更新しない限りは
自動的に契約が止まる仕組みとなっています。つまりその時点で任意保険は無保険で走行するという形になってしまいます。
そうならないようにするためには、事前に今年の保険料率はどうなのか上がっているのかいないのかといったことも考え賢く節約していきましょうね。