仕事や通勤で使っている小型バイクの自動車保険の保険料は節約できる?

バイク 自動車保険 節約

任意保険は万が一のことが起こってしまった場合を考えるととても大切な役割を持っています。
あなたが事故に遭ってしまって、明日から働けない体になってしまったり、もし自分が過失割合で不利な条件になってしまう事故で相手に後遺症が残る怪我を負わせてしまう場合もないとは言い切れません。

 

相手方の補償にしても怪我の度合いによっては自賠責の補償限度額の3千万円は簡単に超えてしまいますし、自賠責と呼ばれる強制保険は対人賠償のみの適用なので、自分の怪我の面倒は見てくれません。

 

そんな事態に備えるためにも任意とされてはいますが自動車保険は絶対に加入しておきたいものです。特にバイクを普段から通勤や日常の脚にされている方は自分自身の怪我のために加入する必要があると考えた方が良いでしょう。
車とバイクで事故が起こった場合は、バイクの方が明らかに大怪我や最悪の場合になってしまう確率が高いからです。

 

ちなみにバイクに乗っている方は、その分だけ保険料が高くなってしまう傾向にあります。バイクだけの単独で被保険者として契約すると、年間の保険料が10万円を超えてしまう事も。

 

これは、バイクというだけで事故の確率が高くなると判断される事もありますが、最近の自動車保険は被保険者の過去の事故歴なども参照して保険料が決められるシステムになっているからです。

 

もしバイクを所有していても、趣味で乗っているわけではなく、125cc以下の小型のバイク一台所有されているだけという方なら、自分自身か同居のご家族の誰かが任意の自動車保険に加入していれば「ファミリーバイク特約」と言ったようなオプションにバイクの分の保険料を組み込んでしまえば、バイクの分の保険料は高くても毎月で3千円程度にまで抑える事が出来ます。

 

もし、通勤やお仕事でバイクを使っている方なら、こういった方法で自動車保険の保険料を節約しながら手厚い補償を両立させることも可能なんです。