自動車保険の節約と補償内容の安心を両立する方法ってないの?

普段の生活で重宝している自動車を安心して使えるようにするためには、強制保険と言われる自賠責だけでは満足できるものではないので、任意で加入する自動車保険は“万が一の備え”として必要です。

 

しかし、いくら万が一に備えるためとは言っても、保険料の支払いは少なければ少ないほどいいという事に変りありません。

 

そこで、毎年の自動車保険の更新時に組み立てを考え直したりして不要な補償は削除して、少しでも保険料を節約したいのですが、例えば子供が独立して実家の車を使わなくなるなどの都合よく補償の削除が出来る条件の変化が起きるわけではありません。

 

ですが、普通に等級が上がるだけの割引率では、さして大きな節約にはなりません。そこでどうするのか...

 

そこで、選択肢のひとつとして提案する自動車保険の節約方法が“長期契約”です。

 

通常の場合、自動車保険の長期契約は3年契約で、保険料の一括払いなのですが、業者によっては7年の保険料一括払いを行ってさらに安い保険料を提案しているものもあります。

 

長期契約の自動車保険のメリットは保険料の節約だけではありません。補償内容も業者側の都合によって変更になることもないので、“長期的な安心を安い金額で買うことが出来る”という意味で利用価値があると言えるでしょう。

 

また、長期契約の自動車保険は、月払いや年単位払いの保険料ではないため、一般的な傾向によって保険料が上がる心配もないのがポイントです。

 

長期契約は安心して自動車保険の節約が出来る方法のひとつです。